外壁塗装 騒音

外壁塗装期間中の騒音はどれぐらいするの?

外壁塗装工事の期間中は騒音がするため、施工主さんだけでなくご近所の方にも業者が挨拶に行くケースが多いです。
そこで気になるのがどの程度の騒音がするのかということですが、工事の流れによって騒音の度合いが異なりますのであらかじめ確認しておきましょう。

 

外壁塗装工事の最初と最後で仮設足場を組む際、外す際の「ガチャン、ガチャン」という音が結構耳に響くという可能性があります。
特に足場を組む際には一日いっぱいかかる可能性があるので、施工主さんのお宅はもちろんご近所にも迷惑がかかるかもしれません。
壁の汚れを落とす際には高圧洗浄機が使用される場合が多いですが、この時の音も結構うるさい音に感じられると思います。
洗車をしている時に車の中にいるような感じの音がしますので、家の中で過ごすのが耐えられないという場合は外に出ていた方が良いかもしれません。
塗装方法が職人がローラーなどを使用して手塗りする場合は騒音の心配はありませんが、吹付塗装の場合はコンプレッサーという機械を使用するので常時機械が運転している音と塗装を吹き付けている音がします。
そんなに大きな騒音ではないと思われますが、心配な場合は手塗りにしてもらうという選択肢もありますのでご相談ください。
他にも工事中に職人さん同士の会話が筒抜けで聞こえてくるのが騒がしく感じられる場合もあります。

 

外壁塗装工事の場合は我慢できないくらい大きな騒音がするものではありませんが、人によっては不快に感じてしまう可能性があります。
施工主さんの場合は自分の家ということもあり我慢せざるを得ない部分もありますが、ご近所の方にとっては迷惑以外の何物でもないと思われるかもしれないので、きちんと配慮しなければ今後のお付き合いにも支障が出るかと思います。
基本的には業者さんが挨拶回りをしてくれるはずですが、中には近所への挨拶を一切行わずにいきなり工事を開始するというケースも見受けられますので、施工主さんもご近所に声を掛けていただけると良いと思います。