外壁塗装 耐用年数

外壁塗装の耐用年数はどれぐらい?

外壁塗装を行っても次の塗り替えをする時期はどのくらいで考えるべきなのかを判断するために耐用年数を知ることはとても大事なことです。
塗料の種類によって目安となる耐用年数がありますので、参考にしてください。

 

一般的に使用されることが多い塗料で、アクリル系は6〜7年、ウレタン系は8〜10年、シリコン系は12〜15年、フッ素系は15〜20年となっています。
耐用年数が短いものは価格が安く、耐用年数が長くなるほど価格が高くなるという傾向があります。
ただし注意していただきたいのが、あくまでもこれらの耐用年数はメーカー側が表記している目安の期間でしかないということです。
あくまでも参考程度に考えなければいけませんので、場合によってはこの耐用年数よりも早く塗り替えしなければいけない時期が訪れる可能性があるのです。

 

なぜ耐用年数は目安にしかならないのかというと、お住まいの地域の天候や家の立地条件によって状況がまちまちだからです。
仮に同じアクリル系の塗料を全く同じ時期に塗ったお宅が2軒あったとします。
一方のお宅は周りを畑で囲まれているためとても日当たりが良い状況で、もう一方のお宅は住宅密集地にあり目の前に高層マンションが建っているため日当たりがとても悪い状況です。
この場合どちらのお宅が早く塗り替え時期がやってくると思いますか?
どちらかというと日当たりの良いお宅の方が早く塗り替え時期がやってくると考えられます。
その理由としては紫外線の影響を強く受けやすいので、塗料に含まれる樹脂が劣化して全体的に塗膜が薄くなってしまう可能性があります。
日当たりが悪いお宅の場合はジメジメしている部分に苔やカビが生えやすいと考えられますが、全体的に考えると日当たりが良い家よりは塗り替え時期も若干遅くても良い可能性があります。

 

このように実際の状況を確認してみて塗り替えが必要な状況になっていれば耐用年数より早かったとしても塗り替えする必要があることを覚えておきましょう。