外壁塗装 時期 目安

外壁の塗り替えの時期と目安

外壁の塗り替えする時期は外壁の種類によってある程度の目安が存在しています。
窯業系サイディングは7〜8年、モルタルは8〜10年、金属系サイディングやトタン壁は10〜15年、ALCボードは10〜15年くらいが目安とされています。
ただしあくまでも目安として考えなくてはいけません。
これよりももっと早い時期に劣化してしまうことで塗り替えが必要とされることになりますので、それぞれの外壁によって正しい塗り替え時期の見極めをしてください。

 

窯業系サイディングの場合はコーキング部分にひび割れが見られたり、やせているように見える場合は塗り替え時期だと判断してください。
コーキングはサイディング同士の繋ぎ目に充填されているものですが、ひび割れややせたりすることで防水能力が無くなってしまい、外壁の中に水分が侵入してしまいます。
目地を打ち替えするのと合わせて外壁の塗り替えをすることが推奨されていますので、検討するようにしてください。
他にも色褪せや苔やカビなどが発生している場合も早めの塗り替えが必要になります。

 

モルタルの場合に注意していただきたいのがひび割れや剥がれがある場合です。
このような状態になると一気に防水性が失われてしまいますので注意しましょう。
壁に触ってみると手に白い粉のようなものが付着する現象を「チョーキング」と呼んでいますが、これば塗料に含まれている樹脂が分解されて浮いてしまってきている証拠で、塗膜が薄くなり水分が入り込みやすくなっている証拠です。
チョーキングが見られた場合は早めの塗り替えを検討してください。

 

金属系サイディングやトタンは色あせや錆が見られる場合は耐用年数の目安よりも早い段階でも塗り替えを検討するようにしてください。
特に錆は放おっておくとどんどん進行していきますので早めに対処することが大切です。
ALCボードもチョーキング、色あせ、苔などの発生、コーキングのひび割れなどが見られる場合は塗り替えが必要な時期となります。